さぁ!検索しよう!

Photoshopの機能を使い、オブジェクトにそれぞれ違った形で影を表現する方法を紹介します。

今回は3パターンの表現方法を紹介します。いずれも5分前後で実現が可能です。

 

其の一

影を付けたい適当なオブジェクトを配置後、レイヤーの小窓をCtrlキー+左クリックでオブジェクト全体を選択状態にします。

イメージ004_mini

 

新規レイヤーを追加後、塗りつぶしツールで黒に塗りつぶします。

イメージ005_mini

 

Ctrlキー+Tで自由変形モードにし、Ctrlキーを押しながら上中央の点を摘み、下記のように変形させます。

イメージ007_mini

 

影のレイヤーを下に入れ替えて選択を解除後、フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)を選択し、半径を10.0pixelに設定しOKを押します。

イメージ008_mini
イメージ009_mini

 

不透明度を15%に設定すれば完成です。

1

其の二

オブジェクトを配置後、レイヤースタイル→ドロップシャドウを選択します。

イメージ011_mini

 

下記のように設定しOKを押せば完成です。

イメージ012_mini

 

 

2

其の三

オブジェクトを配置し新規レイヤ―を追加後、楕円形選択ツールで楕円の選択範囲を作成し、塗りつぶしツールで黒に塗りつぶします。

イメージ013_mini

 

Ctrlキー+Tで自由変形モードにし、左右の点を摘まんでオブジェクトと横幅を合わせます。

イメージ014_mini

 

フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)を選択し、半径を10pixelに設定後OKを押します。

イメージ015_mini
イメージ016_mini

 

不透明度を15%に設定すれば完成です。

3